【買うか迷う搾乳器】必要なモノ?実際に使ってみてのコツ!

赤ちゃん授乳育児アイテム
搾乳器って買うか迷うな・・・。実際のところ必要なのかな?搾乳器の使い方のコツがあればそれも知りたいな。

と思うママもいるのではないでしょうか?

 

搾乳器はどんな時に使うのか、また使い方などをイメージしにくい育児アイテムですよね。

 

搾乳器についてばく然と疑問に思っていたり、本当に必要なのか分からないというママも多くいるでしょう。

 

私もそのひとりでした。

出産するまで名前は知っていましたが搾乳器を見たことはなく、出産前から準備しておいたほうが良いのかなんて当然分かりません。

 

育児系の雑誌には出産準備として搾乳器が載っていることが多いですが、出産したら必ず使うものなのか分からないと買うのを迷ってしまいますよね。

 

 

私の場合は必要に迫られて搾乳器を購入。

正直買う時まで本当に使えるのかな?そもそも搾乳器ってどう使うのかな?などと疑問に思いながら買っていたことを思い出します。

 

そこで私が搾乳器をどうして買うことにしたのか、実際に搾乳器を使ってみて分かった使い方のコツを紹介していきたいと思います。

 

今回の記事は

  • 搾乳器ってどんなものなのか知りたい
  • 搾乳器が必要なものなのか気になる
  • 搾乳器を買おうかどうか迷っている
  • 実際に使ってみて分かった使い方のコツを知りたい

という人に向けて書いています。

 

スポンサーリンク

そもそも搾乳器ってなんだろう?

赤ちゃん授乳

生まれてすぐの赤ちゃんはまだ哺乳力(おっぱいを吸うチカラ)が弱いです。

特に出産して間もない頃は上手くおっぱいを吸うことができず母乳が溜まっておっぱいが張ってしまうことがあります。

 

また、授乳中に乳首が切れたりして赤ちゃんにおっぱいをあげるのが辛い時などに搾乳器を使って母乳を搾ることができます

 

ちなみに搾乳器で搾った母乳は冷蔵保管で約24時間は保存可能です。

 

 

搾乳器には電動と手動の二種類があり電動のものになると値段もそれなりにします。

 

いろいろ考えて搾乳器を買おうかなと思ったママ・・・。

電動式、手動式それぞれメリット・デメリットがあるのでそれぞれを比べてみて自分の使いやすいほうを選ぶといいと思います。

 

私が実際に使っていたピジョンの搾乳器の手動式と電動式でメリット・デメリットを比較していますので参考にしてみてください。

 

 

搾乳器は実際のところ必要なの?

搾乳器 必要2

搾乳器がどんなものか大体わかったところで、実際に必要なのか気になりますよね。

私が実際につかった体験をもとにお話ししていきます。

 

実際に搾乳器を買って使ってみてわかったこと

私の使ってみての結論として、

  • 搾乳器ははじめから準備しておかなくても大丈夫
  • 搾乳器は必要になって購入しても間に合った!
  • 値段が高い高機能のものでなく手動の搾乳器で十分役に立った

 

その根拠をもう少し詳しく書いていきたいと思います。

 

私は子どもを産んですぐに乳腺炎になってしまいました。

乳腺炎になってしまった理由が、出産後すぐで赤ちゃんがうまくおっぱいを飲むことができず乳腺に母乳がつまったことでした。

 

そこで、おっぱいがつまらないように子どもが飲みきれなかった母乳を外に出す必要に迫られました。

定期的に母乳をしぼらなければならなくなり、ここで初めて搾乳器の購入を決意。

 

急いで母乳をしぼらなければまた乳腺炎を起こしてしまうので家の近所にある西松屋に搾乳器を買いに行きました。

 

 

基本的に余った母乳をしぼるという使い方をしていましたが、徐々にしぼった母乳を冷蔵保存しておいて子どもを預ける時に持たせたり…

などと使い方の幅が広がりました。

 

ちなみに私が搾乳器を使う頻度は2日に1回程度でした。

あかちゃんの月齢が進むにつれておっぱいを飲むのが上手くなり乳腺炎などのおっぱいトラブルが減ったことで搾乳器を使う頻度が極端に減りました。

 

このように搾乳器を使う頻度や目的によって選ぶポイントが違います。

自分にあった搾乳器が見つかれば購入を検討してみるのもありでしょう。

 

搾乳器は西松屋やドラックストアの一部でも販売されているのではじめから揃えておかず、必要になってから買いに行ってもいいと思います。

 

授乳中に気をつけたいおっぱいトラブルについて体験を含めて記事にしています。

 

搾乳器がないときの代わりになるものは?

おっぱいトラブルや子どもを預けるなどの定期的におっぱいをしぼる機会はなくても、母乳をしぼりたいという場面は少なくともあると思います。

そんなときにわざわざ搾乳器を買うのはもったいないですよね。

 

搾乳器の代わりになる方法が、手でしぼる方法です。

かなり原始的なやり方ですが、授乳後にサッとしぼれて意外と便利な方法ですよ!

 

乳腺炎になったときに助産師さんから教えてもらった方法です。

しぼる量や回数が少ない場合など、準備するものもなく簡単にしぼることができます。

 

使ってわかった搾乳器があると意外に便利なところ

搾乳器 必要

本当に使えるのか疑問に思いながら買った搾乳器。

実際に使ってみて搾乳器の便利なところがわかりました。

  • しぼった母乳をそのまま赤ちゃんに飲ませてあげられる
  • お出かけの時や赤ちゃんを預ける時にしぼった母乳を持って行くことができる

 

私が購入した搾乳器は哺乳瓶が付属でついていたので、しぼって取れた母乳をそのまま赤ちゃんに飲ませることができました。

 

どういうことかというと、母乳が溜まる場所が哺乳瓶になっており付属の乳首をつけると哺乳瓶に早変わり。

そのため別の容器に入れかえる必要がありません。

 

また、温めたりひと肌に冷ましたりする手間や時間が省けるので、お腹が空いていて赤ちゃんが泣いているときにはすぐに母乳をあげることができて便利でした。

 

もう1つの便利なところは、外出時に搾乳器でしぼった母乳を持っていけるということ。

これはお出かけのときや赤ちゃんを預けたりするときなどに活躍します。

赤ちゃんにおっぱいをあげる場所がないときに搾乳した母乳を飲ませられるので結構便利でした。

 

実際に搾乳器を使ってみてのコツ

搾乳器 必要3

搾乳器を実際に使ってみて分かった使い方のコツが2つあります。

 

  1. 姿勢を正して搾乳器の吸盤の部分をおっぱいを包み込むように当てると空気が入らずしっかり搾れる
  2. はじめは弱い力で搾って母乳がジワ~っと出てきてから力を強くするとおっぱいを傷めずに搾乳できる

 

搾乳器の吸盤の部分がおっぱいにフィットしていると周りから空気が入らず、しっかりとおっぱいを吸引できます。

 

こうすることでしぼれた母乳が外にこぼれてしまうことも防ぐことができます。

また、姿勢をよくすることもポイントです。

カラダが前かがみの状態で搾乳器を当てるとおっぱいにフィットしにくく、搾乳しにくいと感じました。

 

しっかりしぼりたくていきなり強い力で搾るとおっぱいが痛くなることがあります。

 

 

オクラ遥
オクラ遥

まずはしぼる前にその準備として母乳が少し出ていることを確認してからしぼり始めるとスムーズに搾乳できますよ♪

 

搾乳器によっては強さが調節出来るものがあり、私が買った手動のものにも2段階の調節機能がついていました。

 

私が実際に購入し、使った搾乳器はピジョンの手動式の搾乳器でした。

このピジョンの搾乳器を使ってみてわかった使い方のコツをご紹介してきましたがメリットやデメリットも詳しく書いた記事がありますのでぜひご覧下さい。

 

 

搾乳器をうまく利用して育児をたのしく乗り切ろう

赤ちゃん 笑顔

今回の記事では

搾乳器とは赤ちゃんがうまくおっぱいを飲めない時などに母乳をしぼる育児アイテムで自動や手動のものがあって機能も搾乳器によって違う

 

実際のところ搾乳器は必要なのか

  • 搾乳器ははじめから準備しておかなくても大丈夫
  • 搾乳器は必要になって購入しても間に合う
  • 機能がいろいろ付いている値段の高いものでなくても十分役に立った

 

使ってわかった搾乳器が意外と便利なところ

  • しぼった母乳をそのまま赤ちゃんに飲ませてあげられる
  • お出かけの時や赤ちゃんを預ける時にしぼった母乳を持って行くことができる

 

実際に搾乳器を使ってみて分かった使い方のコツ

  • 搾乳器はおっぱいにフィットさせて空気が入らないようにするとよくしぼれる
  • 弱い力でしぼり始めて徐々に力を強くしていくと乳首を痛めにくい

 

便利な育児アイテムを上手く使いながら毎日の育児をできるだけ笑顔で過ごしたいですよね。

搾乳器が本当に必要なのか、これから搾乳器を買おうかどうかを迷っているママに少しでも参考になれば幸いです。

 

関連する記事を載せていますので合わせてご覧下さい。

 

オクラ遥
オクラ遥

ツイッターでは0歳の子育てに関することなどを発信しています!気になる方はオクラ遥(@zwYdBVLQCQSDldu)をフォローしてもらえると嬉しいです♪

 

コメント