【知育玩具のレビュー】0歳から使えるバイリンガル ラーニング ボックス

バイリンガル ラーニング ボックス レビュー育児アイテム
知育玩具のバイリンガル ラーニング ボックスが気になるけど、どんなおもちゃなんだろう。使ったらどんな感じなのか知りたいな。

と思うママ・パパもいるのではないでしょうか。

 

赤ちゃんが生まれておもちゃで遊べるようになるとおもちゃを買うと思います。

我が家も色々なおもちゃを買いましたが、その中にバイリンガル ラーニング ボックスがあります。

 

赤ちゃんにおもちゃを買ってあげても、あまり興味がなかったりすぐ飽きてしまうこともあります。

でも、バイリンガル ラーニング ボックスは買ったおもちゃの中でも飽きずに長い期間遊んでいる我が子のお気に入りのおもちゃです。

 

また、英語の歌なども流れるので学びながら楽しく遊べるおもちゃです。

 

  • バイリンガル ラーニング ボックスを使ってどうだったのか知りたい人
  • バイリンガル ラーニング ボックスのメリット・デメリットを知りたい人

に向けて書いています。

 

スポンサーリンク

知育玩具のバイリンガル ラーニング ボックスを買った理由

バイリンガル ラーニング ボックス キャラクター

知育玩具でありバイリンガル ラーニング ボックスを買った理由として

  • 見た目が可愛かった
  • 遊びながら英語に触れることができる
  • 1つのおもちゃで色んな遊びができる

この理由でこのおもちゃを購入しました。

 

そこまで考えずに英語が流れるということやぱっと見で可愛いと思ったので購入しましました。

赤ちゃんは英語の音楽にのってカラダを揺らしたりしているので、少しは英語に触れることができているのかなと思います。

 

バイリンガル ラーニング ボックスの3つのデメリット

まずは気になるバイリンガル ラーニング ボックスを使って感じたデメリットから紹介していきます。

 

おもちゃが大きいので持ち運びには不向き

バイリンガル ラーニング ボックスは大きいおもちゃなので持ち運びするのは大変です。

買い物などで赤ちゃんが遊ぶように持っていくには向いていません。

 

我が家では家の中で遊ぶ用として使っています。

おじいちゃん・おばあちゃん家などで何泊かする場合には、少し荷物になりますが持って行ってもいいかもしれません。

 

ブロックがなくなることがある

バイリンガル ラーニング ボックス ブロック

これがブロックです。

このブロックを赤ちゃんが投げたりして、どこかにいってしまうことがあります。

 

予備で1個ずつあるので安心ですが、おもちゃの中に入れて置くなどしてなくさないようにしましょう。

 

赤ちゃんが投げると危ない

バイリンガル ラーニング ボックス 赤ちゃん

バイリンガル ラーニング ボックスのおもちゃはサイズが大きいですので、赤ちゃんが持ち上げたりすると危ないです。

ほとんど危ないのは、ママ・パパですが・・・。

 

おもちゃで遊んでいる赤ちゃんの近くで寝転がるとたまに危険を感じることがあります。

実際に私は寝転がっている時によそ見をして、危ない思いをしました。

 

バイリンガル ラーニング ボックスの4つのメリット

バイリンガル ラーニング ボックスで赤ちゃんが遊んでいて感じたメリットについて詳しく紹介していきます。

 

遊ぶパネルが多いので飽きにくい

バイリンガル ラーニング ボックスは赤ちゃんが遊ぶパネルが5つもあります。

それ以外にもおもちゃの角に手で動かしたりして、遊ぶおもちゃがついています。

 

遊ぶところが多いので赤ちゃんも飽きにくく長い期間遊ぶことができます。

実際に我が家では買ったおもちゃの中で1番飽きずに長く遊んでくれているおもちゃになります。

 

【0歳の赤ちゃんがおもちゃに飽きる】理由や4つの対策法を紹介!についても詳しく書いてますので、参考にしてみて下さい。

 

 

メロディが流れる

バイリンガル ラーニング ボックスはボタンを押すとメロディが流れたり、英語の歌が流れます。

また、キャラクターを押すとしゃべったりと色々な遊びができます。

 

押すボタンによってメロディが違い何種類か音楽が流れるので、赤ちゃんも色んなボタンを押して楽しんでいます。

我が子はメロディが流れるのがお気に入りみたいで、音楽が流れるとノリノリでカラダを揺らしています。

 

英語に触れる機会が増える

バイリンガル ラーニング ボックス 英語

知育玩具のバイリンガル ラーニング ボックスは英語の歌が流れたり、数字のボタンを押すと英語の数字の発音を聞くことができます。

小さい時から遊びながら英語に触れる機会を作ることができるおもちゃです。

 

赤ちゃんに話しかけながらおもちゃで遊び、英語にも触れていきましょう。

 

0歳から遊べる

バイリンガル ラーニング ボックスは対象年齢が生後6ヶ月からですが、私が購入した時期はまだ腰がすわる前で生後5ヶ月くらいに買いました。

腰がすわっていないので、座って色んな種類のパネルで遊ぶことはできませんでしたが、角についているおもちゃを触って遊んでいました。

 

赤ちゃんが座れるようになるとついている受話器をとって遊んだりしていました。

バイリンガル ラーニング ボックス 受話器

この受話器です。

 

1歳前くらいになるとかばの口からブロックをとれるようになり、まだブロックを穴に入れることはできませんが入れようとするようになりました。

バイリンガル ラーニング ボックス ブロックの穴

マルや星などの形になっており、この穴にブロックを入れれるようになっています。

 

赤ちゃんの成長とともに遊び方も変わってくるおもちゃです。

 

知育玩具のバイリンガル ラーニング ボックスを買って満足する人

  • 小さい時から英語に触れさせたい
  • 赤ちゃんが飽きにくいおもちゃが欲しい
  • 0歳からでも遊べて長く使えるおもちゃが欲しい
  • 赤ちゃんの成長とともに楽しめるおもちゃが欲しい

 

このように考えているママ・パパにはバイリンガル ラーニング ボックスは満足できるおもちゃです。

 


 

まとめ

赤ちゃん 知育玩具 笑顔

いかがでしたでしょうか。

 

知育玩具のバイリンガル ラーニング ボックスを買った理由については

  • 見た目が可愛かった
  • 遊びながら英語に触れることができる
  • 1つのおもちゃで色んな遊びができる

 

バイリンガル ラーニング ボックスのデメリットについては

  1. おもちゃが大きいので持ち運びには不向き
  2. ブロックがなくなることがある
  3. 赤ちゃんが投げると危ない

 

バイリンガル ラーニング ボックスのメリットについては

  1. 遊ぶパネルが多いので飽きにくい
  2. メロディが流れる
  3. 英語に触れる機会が増える
  4. 0歳から遊べる

 

赤ちゃんのおもちゃを買いにお店に行くとたくさんの種類があります。

せっかく買うのであれば長く遊んでくれて楽しんでくれるおもちゃがいいですよね。

 

バイリンガル ラーニング ボックスは遊べる種類も多く、我が子のお気に入りのおもちゃです。

この記事を読んで赤ちゃんが楽しんでくれるおもちゃを見つける参考になれば幸いです。

 

関連記事も書いています。

 

 

コメント