赤ちゃんとの思い出を記念に残す6つの方法【こんなやり方もあった】

赤ちゃんとの思い出育児アイテム
赤ちゃんが成長が早くてどんどん大きくなる。赤ちゃんとの思い出を色々なカタチで残したいけど、どんな方法があるのかな?

と思うママ・パパもいるのではないでしょうか。

 

赤ちゃんの成長は早いですよね。

気づいたら身長も伸びて、体重も増えて、顔立ちも数ヶ月でかなり変わってきます。

 

赤ちゃんの生まれた時や数ヶ月前の写真や動画を見返すと「こんなに大きくなったんだな」と嬉しくなります。

 

日頃の育児でバタバタと忙しく、なかなか写真や動画を撮る機会も少ないママ・パパもいるかもしれませんが、撮っていると思い出になります。

また、赤ちゃんが生まれて色々行事があり行事ごとに記念写真を撮りますが、普段の生活のちょっとしたことも残しておくと見返すと面白いです。

 

赤ちゃんが生まれて1年の行事をまとめた記事も書いていますので、一緒にご覧下さい。

 

 

そこで今回は赤ちゃんとの思い出をどのようにして残しているのかを紹介していきます。

 

赤ちゃんとの思い出を残すのにどんな方法があるのか知りたい人

に向けて書いています。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんとの思い出を残す6つ方法を紹介!

赤ちゃんとの思い出

赤ちゃんとの思い出を残すのにどんな方法があるのか紹介していきます。

 

携帯やビデオカメラで動画を撮る

赤ちゃんの思い出を残す方法として携帯の動画やビデオカメラで撮った動画を保存しておく方法があります。

赤ちゃんの動きはなかなか読めないので、個人的には写真でのベストショットを撮るのは難しいです。

 

なので、動画を撮るのはオススメです。

また、初めて寝返りをした時や話した時などを動画で撮っておくと、見返した時に結構面白かったりします。

 

ビデオカメラは取り出すのが面倒ですが、携帯なら動画はすぐ撮れますし、色々なシーンの動画を撮るのもいいと思います。

 

ビデオカメラは持ち歩くのに便利なコンパクトなモノを買いました。

お出かけをする時はどうしても赤ちゃんの荷物が増えてしまいます。

 

できるだけ荷物を軽くするために、コンパクトで軽いビデオカメラは場所もとらず持ち運びしやすいのでオススメです。

旅行に行ったりする時にもすぐ持ち運びできますし、結構重宝しますよ。

 

4ヶ月の赤ちゃんとの旅行の体験談も書いています。一緒にご覧下さい。

 

 

ちなみに、ビデオカメラは赤ちゃんが生まれてからすぐ使うので、私は赤ちゃんが生まれる前に買いました。

先輩ママからも「動画をいっぱい撮った方がいい」というアドバイスをもらっていました。

アドバイス通りで見返した時に赤ちゃんの成長がわかりやすいのでオススメの方法です。

 

写真を撮る

赤ちゃんとの思い出を残す方法としてみなさんがやっている写真を撮る方法があります。

写真を撮った後どのように保存しているのか紹介していきます。

 

アルバムを作る

写真を撮った後、現像してアルバムを買って写真を入れておきます。

アルバムにはそのまま写真を入れておくだけでも、見返した時楽しいですが、付箋などでコメントも入れておくとその時の状況を思い出してさらに楽しくなります。

 

アルバムを作っておくと時間があるときにすぐ見返すことができますし、家族が集まった時などにサッとだせるのでオススメです。

 

また、赤ちゃんが寝て夫婦でゆっくりしている時に見返したりして楽しんでいます。

アルバムはすぐ一杯になってしまうので、たくさん写真を入れることができるアルバムがオススメです。

 

写真立てに飾る

赤ちゃんと一緒に写っている家族写真を写真立てに飾っています。

写真立てはあってもなくてもいいかもしれませんが、チラッと見た時など気持ちがほっこりします。

 

赤ちゃんのベストショットや家族写真を飾ってもいいかもしれません。

 

フォトブックを作ってもらう

結構面倒くさがりのオクラ遥ですが、「今はこんなやり方もあるのか」と思った方法がフォトブックを作ってもらうということです。

スマホで撮った写真を使ってフォトブックを作ることができます。

 

写真を撮ったけど現像する時間がないなど忙しい方は、お金は掛かりますがこのようなサービスを使うのもありです。

フォトブックに関する記事も書いていますので、一緒にご覧ください。

 

 

手形、足形を取る

産院で手形や足形を取ってくれ、出産の記念として貰える所もあります。

取っておくと思い出になります。

 

我が家ではお宮参りの時に絵馬を頂いたのですが、絵馬の裏に手形を押す所があり手形を取り、記念にとっています。

 

ネットやベビー用品店などに手形、足形を残せるアイテムがありますので、記念に残しておくのもオススメです。

 

日々の日記を書く

思い出を動画や写真で残すのもいい方法ですが、日記として文字で残しておくのも読み返した時にその時の状況を思い出すのでオススメです。

日記だとその時の自分の気持ちを書きます。

 

写真や動画では自分のその時の気持ちはわからないので、書いておくと後々読み返すと恥ずかしいこともありますが面白いです。

人がいない時に読み返すことをオススメします。

 

私は自分が生まれた時の親の日記を見つけたのですが、すぐ隠されてしまいました。

今ならわかりますが、結構恥ずかしいです。

 

でも、その時の感動や嬉しかったことなど思い出しますし、私自身の思い出になりますので、オススメの方法の1つです。

 

まとめ

赤ちゃん 思い出

いかがでしたでしょうか。

 

赤ちゃんとの思い出を残す6つ方法については

  1. 携帯やビデオカメラで動画を撮る
  2. アルバムを作る
  3. 写真立てに飾る
  4. フォトブックを作ってもらう
  5. 手形、足形を取る
  6. 日々の日記を書く

 

赤ちゃんは日々成長していきます。

赤ちゃんの成長の思い出として、色々な方法で記念に残しておきたいですよね。

 

思い出のモノを見返したり、読み返したりすると楽しいですし面白いです。

ずっと残るモノですので、大切な思い出として大事にしていきましょう。

 

関連記事も書いています。

 

 

 

コメント