自宅でヨガの資格を取る3つのメリット・2つのデメリット!

自宅でヨガ資格ヨガ

最近はヨガの人気が高いこともあり、ヨガのインストラクターを目指す人が増えてきています。

ヨガインストラクターになるにはいくつかありますが、そのひとつとして自宅でヨガの資格を取る方法があります。

 

そこで

忙しくて自宅でヨガの資格を取りたいけど、デメリットってなんだろう。また、メリットも知りたいな・・・。

と思う人もいるかも知れません。

 

今回は現役ヨガインストラクターのオクラ遥が、自宅でヨガの資格を取る方法とそのメリット・デメリットをご紹介します。

 

  • ヨガインストラクターになりたいと思っている人
  • ヨガの資格を取りに通うことが難しい人
  • 自宅でヨガの資格を取ることに興味がある人

などにむけて書いています。

 

ヨガインストラクターになるための方法について記事を書いていますのでこちらも是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク

自宅でヨガインストラクターの資格は取れる?

自宅でヨガ資格

そもそもヨガインストラクターになるには国家資格などのように決まった資格が必要なわけではありません。

どこでどんな学び方をしなければいけないという決まりもないのです。

 

ただ、ヨガの知識がないとヨガのことを質問された時にきちんと答えられないということになってしまいます。

そのためヨガの知識や技術を一定の時間や内容を学ぶ講座があるというわけです。

 

そのなかに自宅でヨガの資格を取る方法があります。

主に

  • 自宅に教材が届き、その教材をもとに学んでいく通信講座
  • ネットを利用して講座を視聴し、勉強するオンライン講座

があります。

 

自宅で資格を取る3つのメリット・2つのデメリット

ここからは自宅でヨガの資格をとるメリット・デメリットをそれぞれご紹介します。

 

自宅でヨガインストラクターの資格を取る3つのメリット

3つのメリットとして

  • 自分の空いた時間でヨガの勉強ができる
  • 近くにヨガスタジオが無くてもヨガの資格が取れる
  • 周りの人と比べずに自分のペースで学んでいける

があります。

 

自宅で学ぶということは基本的に自分の予定に合わせて勉強を進めていけます。

仕事などで忙しく、ヨガスタジオなどで開催されている養成講座に時間が合わないという人も自分の空いた時間に合わせられて融通が効きます。

 

また、自宅の近くにヨガの資格が取れる施設がない場合もどこでも勉強できる通信講座やオンライン講座は便利ですね。

 

ヨガ初心者の人でヨガの資格を取りたいと思う場合も多くあると思います。

その場合、周りに経験している人がいたりすると比べてしまい自分のペースで学べないということにつながるかもしれません。

 

自宅でヨガインストラクターの資格を取る2つのデメリット

2つのデメリットとして

  • 疑問が出てきてもその時に解決できない
  • ヨガのポーズの技術が不十分になる可能性がある

などが考えられます。

 

ヨガの勉強をしていて疑問に思ったことがあってもその時にすぐに質問できないので思ったように勉強が進まないという場合があります。

ちょっとした疑問をその場で解決できないと不安につながると思います。

オンライン講座でも途中で講座を中断して質問することは難しいかもしれません。

 

講師がそばにいないということはヨガのポーズを学んでいくうえで少し不安ですよね。

ちょっとした手の位置や足の動きを修正してもらえることは自分がヨガ講師として働くときにもとても役に立ちます。

 

最近では有料の研修として会場に講師が出向き、ポーズの講座をおこなう場合もあるようです。

 

まとめ

自宅ヨガ資格2

いかがでしたでしょうか。

 

今回は

自宅でヨガの資格を取る方法として

  • 自宅に教材が届き、その教材をもとに学んでいく通信講座
  • ネットを利用して講座を視聴し、勉強するオンライン講座

 

自宅でヨガインストラクターの資格を取る3つのメリットとして

  • 自分の空いた時間でヨガの勉強ができる
  • 近くにヨガスタジオが無くてもヨガの資格が取れる
  • 周りの人と比べずに自分のペースで学んでいける

 

自宅でヨガインストラクターの資格を取る2つのデメリットとして

  • 疑問が出てきてもその時に解決できない
  • ヨガのポーズの技術が不十分になる可能性がある

 

メリット・デメリットを知ったうえで自分に合った資格の勉強方法を見つけることができるとよりスムーズに楽しくヨガの勉強ができると思います。

少しでも参考になれば幸いです。

 

そのほか、ヨガインストラクターの資格や働き方についても記事を書いています。

 

 

コメント