子育て中でも息抜きしたい!ママが3時間の自由時間を作る4つの方法

子育て中に自由時間を作る方法育児の悩み
赤ちゃんの子育て中は赤ちゃんにつきっきりでほとんど自分の時間がない。30分とか赤ちゃんが寝てくれた少しの時間はあるけど、何もできない。週に1回の3時間くらいでもいいから自分の好きなことをするまとまった時間を作る方法はないのかな?

と思うママもいると思います。

 

子育てをしていると赤ちゃんが生まれる前とは違い、思っていたよりも自分の時間がないです。

子育てや家事であっという間に時間が過ぎてしまい気づいたら一日が終わることも。

 

自分の好きなことをする時間や1人になる時間がないと疲れがたまってしまい、心の余裕がなくなってしまいます。

「私ばっかりこんなに頑張っているのに・・・」とパパにあたってしまったり悪循環になりかねません。

 

そうならないためにママにもゆっくりできる自由時間や1人の時間はかなり必要。

でも、毎日の子育てでバタバタしていて、なかなか自由時間がとれないと思っているママが多いと思います。

 

私にも1歳の子どもがいますが、なんとか週に1回は3時間の1人の時間をゲットできています。

「たった3時間?」と思うかもれませんが、ママには3時間の自由時間もかなり貴重です。

 

そこで3時間でもまとまった自由時間が欲しいママの参考になればと思います。

 

  • 息抜きをしたいママ
  • 3時間でもいいので自分の時間が欲しいママ
  • 1人の時間ができた時にどんなことができるのか知りたいママ

に向けて書いています。

 

スポンサーリンク

子育て中は息抜きできない?

赤ちゃんとママがお出かけ

自分でどうにかして自由時間を作ろうとしないと息抜きの時間を作るのは難しいと思います。

 

子育て中は赤ちゃんにつきっきりです。

赤ちゃんの授乳やおむつを替えたりやることはもりだくさん。

 

赤ちゃんが寝てくれたと1人の時間を楽しもうと思っても疲れと眠気がおそってきてそのまま寝てしまうこともあります。

なので、時間を作るためにはある程度工夫がいります。

 

ママが3時間の自由時間を作る4つの方法

ママが自由時間を作る

3時間の自由時間を作るための方法について体験を含めて紹介していきます。

 

赤ちゃんを預ける

赤ちゃんをおじいちゃん・おばあちゃんや自治体の施設に預ける方法があります。

おじいちゃん・おばあちゃんが近くに住んでいる場合はすぐ預けることができますが、近くに住んでいない場合は自治体の施設で一時預かりを利用しましょう。

 

自治体の施設を利用する場合はお金が掛かってしまいますが、値段もそこまで高くないのでおすすめ。

ちなみに私がよく使っているのが自治体の施設の一時預かりです。

 

施設のスタッフの人と子育ての話もできますし、悩み事も聞いてもらえるので気持ちもスッキリします。

 

でも、いつから施設を利用できるのか気になるママもいると思います。

赤ちゃんを預けることができるのはいつから?利用できる3つの場所で詳しく紹介していますので、参考にしてみて下さい。

 

 

パパに赤ちゃんの面倒をみてもらう

パパにお願いして3時間だけ自由時間をもらう方法もあります。

パパが子育てに協力的でおむつを替えたりお世話ができるパパであれば、すんなりとOKがもらえると思います。

 

でも、パパが仕事で忙しく帰りが遅かったり、出張で家にいなかったりする家庭も多いです。

そのような場合は週末に少しでも自由時間をゲットできるようにお願いしましょう。

 

赤ちゃんを疲れさせて長い時間寝てもらう

赤ちゃんが疲れていないと寝てもすぐ起きてしまったり、なかなか寝てくれなかったりします。

なので、しっかり遊ばせて疲れさせることで長い時間寝てくれることがあります。

 

赤ちゃんがぐっすり寝ているうちに1人の時間を満喫しましょう。

 

赤ちゃんの寝る時間を調整する

赤ちゃんを9時に寝かせてその後は自分の時間と思ってもなかなかうまくいきません。

でも、お風呂の時間やご飯の時間を調整することで若干ですが、赤ちゃんの寝る時間を調整できます。

 

私は赤ちゃんが6時近くに眠りそうになったら、普段はお風呂は後でも先にお風呂に入れてなんとか起きてもらったりしています。

夕方の遅い時間に寝てしまうと夜寝てくれなくなってしまうので・・・。

 

3時間あればできる息抜きの方法

カフェでゆっくりしている

やっとできた3時間の自由時間ができても、3時間で何ができるのかな?と思うママもいると思います。

そこで3時間あればできる息抜きの方法を紹介していきます。

 

家で映画を見る

3時間あれば家に好きな映画を1本見ることができます。

今ではレンタルショップに借りに行かなくてもいいので、時間がないママには時短になって便利です。

 

好きな映画を見ると息抜きになって気分もスッキリするのではないでしょうか。

 

カフェに行ってゆっくりコーヒーを飲む

カフェに行ってなかなかとれない1人の時間をコーヒーでも飲みながらゆっくりするのもいいです。

子育てでバタバタしていると1人で落ち着く時間もないと思います。

 

ゆっくりな時間を過ごすことで気持ちもリセットされて心に余裕ができます。

 

自分の好きなモノの買い物に行く

自分の好きな洋服や雑貨などの買い物はテンションが上がりますよね。

もし、買わなかったとしてもウインドウショッピングでも楽しいです。

 

3時間あれば色々なお店に行けるので十分楽しめてストレス解消ができます。

 

友達とご飯に行く

友達のランチに行って色々な話をすると気持ちがスッキリしますよね。

赤ちゃんの子育て中は家にいることが多いので、孤独感を感じることも多いです。

 

なので、友達と会って話すだけでも外とのつながりがある安心感もえられ、孤独感も解消されます。

 

習い事に行く

時間があえば時間の短い習い事にも行くことができます。

カラダを動かしたり、子育てのことを忘れて趣味に没頭すると気持ちもスッキリしますよね。

 

習い事の場合は赤ちゃんと一緒に参加できるベビーヨガなどもあります。

赤ちゃんと一緒に息抜きをするのもありです。

 

 

しっかり寝る

カラダがかなり疲れている時は寝るのが一番です。

しっかり寝ると疲れもとれて気分もスッキリして、また頑張ろうという気持ちになります。

 

息抜きの時間がとれた時の1日のスケジュールを紹介【体験談】

息抜きの時間がとれた時のスケジュール

では実際に息抜きの時間がとれた時の私のスケジュールを体験をもとに紹介していきます。

 

仕事が終わった後にパパに赤ちゃんの面倒を見てもらえた時の場合

時間スケジュール
6:00起床・朝活・朝食
8:00パパの仕事お見送り
8:00~子育て・家事・昼食
17:30夕食・赤ちゃんのお風呂
18:30~21:30ママの自由時間
23:00就寝

 

おおまかではありますが、パパが赤ちゃんの面倒を見てくれる時はこのような形でなんとか3時間の息抜きの時間を確保しています。

赤ちゃんは9時くらいに寝かしつけるようにしているので、この日はパパが寝かしつけてくれてパパが大活躍の日です。

 

ちなみに朝活は朝に少しでも仕事をできるような時間を作っています。

 

自治体の施設に赤ちゃんを預ける時のスケジュール

時間スケジュール
6:00起床・朝活・朝食
8:00パパの仕事お見送り
8:00~11:00子育て・家事(昼食)
11:00赤ちゃんを預けるための準備
12:00~15:00赤ちゃんを預ける(ママの自由時間)
15:00~23:00子育て・家事・夕食・就寝

 

赤ちゃんを施設に預ける時は、預ける前におむつや赤ちゃんのご飯も施設に預けるので色々準備の時間が必要です。

また、赤ちゃんの洋服を着替えさせたりする時間もかかってきます。

 

施設に預ける場合は赤ちゃんを預けに行く時間とお迎えに行く時間があるので、しっかりと3時間の息抜きの時間はとれません。

なので、移動時間も計算したうえでしっかりと息抜きの時間をとっていきましょう。

 

子育て中でも息抜きしていこう

ママと赤ちゃんが笑顔

ママが3時間の自由時間を作る方法として

  1. 赤ちゃんを預ける
  2. パパに赤ちゃんの面倒をみてもらう
  3. 赤ちゃんを疲れさせて長い時間寝てもらう
  4. 赤ちゃんの寝る時間を調整する

 

3時間あればできる息抜きの方法として

  • 家で映画を見る
  • カフェに行ってゆっくりコーヒーを飲む
  • 自分の好きなモノの買い物に行く
  • 友達とご飯に行く
  • 習い事に行く
  • しっかり寝る

 

子育て中は毎日バタバタでなかなか息抜きができないですよね。

3時間でもまとまった時間をとれると気持ちも全然変わってくると思います。

 

うまく息抜きをしながら、子育てを楽しんでいきましょう。

 

関連記事も書いています。

 

 

コメント