【ヨガマット選びの失敗談】そこから見えてきた選ぶ時のコツ!

Yogaマットヨガ
ヨガマット選びを失敗したくないな・・・。どうしたら失敗しないヨガマット選びが出来るのかな?選ぶコツが知りたいな。

と思う人がいると思います。

 

ヨガをするためにマットを買おうと思った時、何を基準に選びますか?

デザイン性?機能性?はたまたコスト面?

 

人によって何を重視してマットを購入するのかは違いますが、買って後悔したくないですよね。

現在ヨガインストラクターとして活動しているオクラ遥が自身のヨガマット選びで失敗した体験とマット選びのコツをお伝えしていきます。

 

今回は

  • これからヨガを始めようと思っている人
  • 現在使っているヨガマットが使いにくいと感じている人
  • ヨガマットを購入する時に失敗したくない人

に向けて書いています。

 

ヨガマットおすすめの選び方とブランドについての記事も書いてます。是非こちらもご覧下さい。

 

 

スポンサーリンク

失敗したヨガマットを選んだ理由

Yogaマット

ヨガを始めたばかりの頃は公民館でおこなっており、マットはレンタルしていました。

 

そしてしばらくしてからヨガのスタジオに通い始めました。

スタジオに定期的に通いはじめると自分のヨガマットが欲しくなり、初めてマットを購入。

 

そのときはスタジオで取り扱っているヨガマットを買うことにしました。

その頃はまだヨガも初心者でどんなマットがいいのか分からず選んだのが、あまり値段が高くなく、色やデザインが気に入ったマットでした。

 

その後アシュタンガヨガと呼ばれる動きが激しいヨガをやりはじめて「ブラックマット」と呼ばれるグリップ力のあるマットを購入しました。

 

買ってみて失敗したなと思ったこと

今までに2回ヨガマットを購入しましたが、それぞれマット選びで失敗したことがあります。

 

1回目に購入したマット

この時はまだヨガを始めてそんなに日が経っておらず自分がどんな種類のヨガをおこなっているのかイマイチわかっていませんでした。

 

とりあえずインストラクターが勧めるマットを購入してみようと思い、商品カタログから自分の好みの色で安すぎず高すぎずちょうど中間くらいのマットを購入。

 

すると、グリップ力があまりなく、立位のポーズをおこなうときに滑ってしまいうまくポーズが取れないことが分かりました。

 

2回目に購入したマット

その後、アシュタンガヨガと呼ばれる動きの激しいヨガをおこなうようになりました。

今までのマットでは滑って危ないためグリップ力に優れた「ブラックマット」と呼ばれるマットを購入しました。

 

ちょうどこの頃ヨガのインストラクターの資格を取った頃でスタジオや公民館などにヨガを教えに行ったり、いろんなヨガのイベントに参加することが増えました。

そうすると気になるのが重さでした。

 

ブラックマットはグリップ力に優れていて安定感はあるものの、重たく持ち運びが不便で自宅の外でヨガを行うのが大変でした。

 

体験から分かったヨガマットを選ぶ時のコツ

今までの体験からマットを選ぶ際のポイントとして

 

自分がどんな種類のヨガを好んでおこなうのか

ヨガには呼吸法や瞑想など座位を中心としたものから、立位のポーズがメインの激しい動きを含むヨガまでその種類はさまざまです。

 

  • 座位中心のヨガでは厚みのある座り心地が良いもの
  • 立位中心のヨガでは滑りにくいグリップ力のあるもの

自分がおこなうヨガの種類に合ったマットを選ぶとヨガに集中して取り組めます。

 

ヨガをおこなう環境

ヨガをどこでおこなうことが多いのかもマット選びにおいて大切です。

 

スタジオや公民館など自宅の外でおこなうのであれば持ち運びしやすい軽量のものがオススメです。

 

また、自宅でDVDなどを観ておこなうことが大半なのであれば重さは気にせず、少し重たくても安定したマットを買うことが出来たり

自分のヨガライフに合ったマットを選びましょう。

 

コストやデザイン性

忘れてはいけないのが値段です。

ヨガマットにはブランドや種類によって値段もさまざまです。

 

初めからインストラクターが使うような高いものを買ってしまってその後ヨガをあまりしなくなり、使わなくなったなんて話も聞きます。

 

高いものはもちろんいいですが、あくまでヨガを楽しくおこなうため道具なのでコスト面からも今の自分に必要なマットを考えることが大切です。

 

また、現在いろんな色や柄、素材のマットが販売されています。

お気に入りのマットを選ぶのはワクワクしますよね。マット選びからヨガを楽しんでみて下さい!

 

まとめ

ヨガマット 失敗

いかがでしたでしょうか。

 

体験から分かったヨガマットを選ぶ時のコツとして

  • 自分がどんなヨガの種類を好んでおこなうのか
  • ヨガをおこなう環境
  • コストやデザイン性

について書きました。

 

ヨガをこれから始めてみようと考えている人やすでにヨガをおこなっている人などヨガに興味がある人に少しでも参考になれば幸いです。

 

関連記事を書いていますので合わせてご覧下さい。

 

 

コメント