ヨガインストラクターになるには?資格をとるための3つの方法!

ヨガインストラクターになるにはヨガ

近年人気の「ヨガ」ですが、その広がりにともなってヨガのインストラクターを目指す人も増えてきています。

 

ヨガを教えるだけでなく自分のカラダのためにインストラクターを目指す場合も意外と多いようです。

私自身、ヨガのインストラクターとして活動しています。

私の場合は主に他の人にヨガの知識や技術を伝えるためにヨガのインストラクターになりました。

 

そこで気になるのが

ヨガのインストラクターになるためにはどうすればよいのだろう。

ということではないでしょうか。

 

「ヨガインストラクター」という職業をよく耳にするとおもいますが、みんなどうやってインストラクターになっているのか気になりますよね。

 

実際にヨガインストラクターである私の経験も含めて、ヨガのインストラクターになる方法を紹介したいと思います。

 

  • 今後ヨガのインストラクターとして働きたいと考えている人
  • ヨガのインストラクターに興味がある人
  • どうやったらヨガのインストラクターになれるのか分からない人

に向けて書いています。

 

スポンサーリンク

ヨガインストラクターになるには?

ヨガインストラクターになるには

そもそもヨガインストラクターには国家資格のように決められた資格はなく、言ってしまえば誰でもヨガインストラクターと名乗って活動ができます。

しかし、知識が不十分であれば生徒さんに安全で効果のあるヨガを提供することはできません。

他人のカラダに携わる以上、しっかりとした知識と技術が必要になってきます。

 

そこで一定の時間をかけてヨガの知識やカラダの仕組みなどを勉強して自信をもってヨガを教えることが出来るようにしていきましょう。

 

ヨガインストラクターになるための3つの方法

ここからは実際にヨガインストラクターのなり方について紹介します。

 

養成講座

ヨガスタジオなどが主催する養成講座です。

ヨガインストラクターになるために利用する人が一番多い方法だと思います。

 

自分の通っているヨガスタジオでインストラクターの養成講座が開かれている場合はそのままインストラクターの勉強もできるのでとても便利です。

 

私の場合も自分が通っていたヨガスタジオの養成講座を受けてインストラクターになりました。

ヨガに通いながらインストラクターの勉強ができたので、習ったことを復習できる環境が整っておりスムーズに養成講座を進めることができました。

 

通信講座・オンライン講座

実際にヨガスタジオに行かずに自宅で教科書やネットなどで学ぶ方法です。

 

仕事などで忙しく、なかなかヨガスタジオに足を運べない人は便利な方法です。

また、自分の時間やペースに合わせて学ぶことが出来るのも大きなメリットだと思います。

 

ヨガインストラクターに師事して学ぶ

最後は、自分がヨガを習っているインストラクターに師事して学ぶという方法です。

 

前に述べたようにヨガインストラクターには決まった資格がありません。

個人的に学びたいインストラクターがいればその人についてヨガを学ぶことで自身もヨガインストラクターになることができます。

 

自分が好きなヨガのスタイルをじっくり学ぶことができることがメリットだといえるでしょう。

 

まとめ

ヨガインストラクターになるには

いかがでしたでしょうか。

 

今回はヨガのインストラクターになるための方法として

  • 養成講座
  • 通信講座・オンライン講座
  • ヨガインストラクターに師事して学ぶ

について書きました。

 

ヨガインストラクターについて興味がある人は自分の生活スタイルに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

ヨガインストラクターについての関連記事も書いています。

 

 

コメント