バウンサーはいつから?使う期間はどのくらい?体験をもとに紹介

バウンサー いつから 使う期間育児アイテム
赤ちゃんをゆらゆら揺らすバウンサーがあるけど、使えるアイテムなのかな?

と思うママ・パパもいるのではないでしょうか。

 

赤ちゃんがぐずったりして、ずっと抱っこしておくのも手が疲れてしまうし、家事や自分のやりたいことができない、そんなことも多いと思います。

少しでも揺れがあるだけで、赤ちゃんが落ち着いてくれたり、たまにですが寝てくれたりします。

 

すごくグズっていたら効果はあまりないかもしれないですが・・・。

でも、あると助かる育児アイテムでもあります。

 

この記事では

  • バウンサーとは?
  • バウンサーの使える期間はどのくらい?
  • バウンサーを実際に使って見てどうだったのか

について書いています。

 

スポンサーリンク

バウンサーとは?

赤ちゃんがリラックスしている様子

バウンサーとは、赤ちゃん用のイスのことでイスをゆらゆら揺らして、落ち着かせたり寝かしつけにも使える便利アイテムです。

 

揺らすのもママが自分で動かす手動のものや、電動で自動に動くものまで色々な種類のものまであり、またスピーカーがついている高性能なものもあります。

 

値段も様々で自動で動くタイプは、まあまあな値段がします。

 

バウンサーはいる?いらない?

バウンサーは絶対にいるアイテムいうわけではありませんが、役に立つ便利なアイテムです

 

赤ちゃんによってバウンサーが全く使えなかったいう人もいれば、結構効果があって役に立ったからおすすめという人もいます。

私は赤ちゃんが寝なくてきつかったので購入しましたが、目的と違うところでもバウンサーは活躍しています。

 

結果的に買って満足しています。

 

バウンサーはいつから使えるか?

赤ちゃん バウンサー いつから

バウンサーが使える時期については、0ヶ月の新生児から使えるものや首がすわってから使用できるものもあります。

 

バウンサーの種類によっては中の部品を外して、首がすわってからでも使えたり、付属の部品でテーブルをつけて、ご飯を食べさせたりと長く使えるタイプもあります。

 

バウンサーを使える期間はどのくらい?

私が買ったバウンサーには対象年齢が新生児の0ヶ月~1歳半までと記載がしてありました。

でも、実際に使ったのはだいたい1歳くらいまで。

 

赤ちゃんが成長してくると、自分でバウンサーから出ようとしてひっくり返ってしまって使うのが危ないと感じました。

なので、使うのをやめました。

 

取扱説明書ではもう少し長く使えるようですが、危ないと感じたら卒業したほうがいいでしょう。

 

バウンサーがあると助かる5つの場面

赤ちゃん バウンサー

実際にバウンサーを使ってみて、こんな場面で役に立ったという時を紹介していきます。

 

目の届くところで赤ちゃんの居場所を作ってあげたい時

私のなかでバウンサーを買って1番大きいこととして、自分の目の届くところに赤ちゃんの居場所を使ってあげられることです。

赤ちゃんをベビーベッドに寝かして家事などしていると目が届かないので「大丈夫かな」と心配になることがあります。

 

でも、バウンサーがあれば料理をしたり家事をする時にバウンサーごと持ってきて、赤ちゃんを寝かしておくことができます。

赤ちゃんを直接床に置くのは気が引けますし、心配ですのでバウンサーがあると役に立ちます。

 

赤ちゃんを自分の目の届くところに移動できるのは子育てをしていく上で、かなり助かるママ・パパも多いはず。

 

でも、ハイハイができるようになって動けるようになった時期などにバウンサーの上で動いて転倒する危険もあります。

赤ちゃんが動けるようになってからバウンサーを使う時は、目を離さないようにしましょう。

 

赤ちゃんがグズり始めた時

バウンサーは赤ちゃんがグズり始めた時にも使えます。

赤ちゃんによって個人差はありますが、バウンサーをゆらゆら揺らしてあげると赤ちゃんが落ち着いてくれることがあります。

 

赤ちゃんがバウンサーにのっている時にグズり始めたらゆらゆらと揺らしてあげましょう。

 

バウンサー以外にもグズった時のアイテムや方法があります。

【赤ちゃんが泣き止む7つの方法】効果のある4つの育児グッズ【体験談】で詳しく書いています。

 

 

お出かけした時に相手の家で寝かせておく場所が欲しい時

おじいちゃん・おばあちゃんの家や知り合いの家などに赤ちゃんと連れてお出かけすることも多いと思います。

でも「赤ちゃんを寝かしておく場所はどうしよう」と困ることはないでしょうか。

 

そんな時にバウンサーがあると赤ちゃんを寝かせておく場所を作るとこができます。

寝かしておく場所を考えなくてもいいので、持って行ってもいいかもしれません。

 

でも、バウンサーは大きいのでお出かけする時など移動する際に荷物になるというデメリットもあります。

 

赤ちゃんが寝てほしい時

バウンサーの揺れで赤ちゃんが寝てくれることがあります。

毎回ではないですが、赤ちゃんが寝てくれるので赤ちゃんを寝かしつける時に使えるアイテムの1つと言えます。

 

【赤ちゃんが寝ない】生後5ヶ月の時に使える対処法を10個紹介!についての記事も書いていますので、一緒にご覧ください。

 

赤ちゃんに離乳食を食べさせる時に座る場所が欲しい時

バウンサーにはテーブルも付属でついているモノがあり、バウンサーをおこしてあげて離乳食を食べさせる時にも使うことができます。

実際に我が家では赤ちゃんをバウンサーに座らせて、バウンサーが揺れないように固定してから食べさせています。

 

離乳食を食べさせてバウンサーのシートが汚れることがありますが、取り外して洗うことができるので汚れても心配ありません。

 

バウンサーを実際に使ってみた体験談

バウンサー 体験

実際にバウンサーを使ってみて、赤ちゃんが寝てくれるかもと思って寝かしつける用で購入しました。

購入した当初、使って少しは落ち着きますが残念ながら寝てはくれませんでした。

 

購入したのは手動で動かすタイプでゆらゆら動かすのですが、やっぱり抱っこがいいみたいで、まあまあぐずります。

 

でも、使い始めて一時してからゆらゆら揺らしていると、たまに寝るようになりました。赤ちゃんも慣れみたいなのがあるのかな?

寝かしつける用で購入したバウンサーですが、何かをする時に赤ちゃんの居場所をつくるのにはかなり重宝しています。

 

何かをする時に赤ちゃんが目の届くところにおいておきたいですが、そのまま床に置くわけにはいかないですし、どこに赤ちゃんを置こうってなります。

そんな時に便利です。

 

テーブル付きを購入したので自分たちがご飯を食べている時に、横であげられるので結構便利です。

自分の体験ですが、結局、寝かしつけるというよりもあまり考えてなかったところで、バウンサーは役に立っています。

 

収納するのも、折りたたんで収納できるので、そこまで場所はとりません。

 

実際に私が使っているバウンサーを【西松屋のバウンサーのレビュー】どりーむバウンサーを1年使ってわかったメリット・デメリットの記事で詳しくまとめています。

 

 

まとめ

赤ちゃん 寝る

いかがでしたでしょうか。

 

バウンサーとは

赤ちゃん用のイスのことで、赤ちゃんを落ち着かせたり寝かしつけにも使えるアイテム

 

バウンサーはいつから使えるのかについては

0ヶ月の新生児から使える

 

バウンサーを使える期間はどのくらいなのかについては

実際に使ったのはだいたい1歳くらいまで

 

バウンサーがあると助かる5つの場面として

  1. 目の届くところで赤ちゃんの居場所を作ってあげたい時
  2. 赤ちゃんがグズり始めた時
  3. お出かけした時に相手の家で寝かせておく場所が欲しい時
  4. 赤ちゃんが寝てほしい時
  5. 赤ちゃんに離乳食を食べさせる時に座る場所が欲しい時

 

バウンサーは、赤ちゃんを寝かしつけたり落ち着かせたいと考えて購入する方もいると思います。

もし赤ちゃんがバウンサーで寝なかったとしても、赤ちゃんの居場所をつくってあげたり、ご飯をあげるテーブル代わりになったり、結構便利です。

 

バウンサーは、そこまで重くないので親戚の家に行く時に持って行って座らせたり、持ち運びにも役に立ちます。

私は知り合いにバウンサーはあまり役にたたないからいらないよと言われていましたが、実際に使ってみると活躍する場所も結構あるように感じています。

 

関連記事も書いています。

 

 

コメント