【ヨガで痩せよう】なぜダイエットに効果的なのか理由を徹底解説!

ダイエット 痩せるヨガ

女性の永遠のテーマであるダイエット。ほとんどの女性が1度や2度チャレンジした経験があると思います。

 

その方法は食事制限をしたりジムに通ったり、通販で購入した器具を使ったりなど多種多様。ダイエットに〇〇ブームなど流行りができるほど。

 

そこで、カラダを動かすこととして多くの人がおこなっている「ヨガ」ですが

ヨガで痩せるのかな?ダイエットの効果があるのだろうか?

と気になる人も多くいるのではないでしょうか。

 

結論から言うと、

ヨガでダイエットの効果が期待される可能性大!

です。

 

厳密にいうと、ただ動くだけでどんどん体重が落ちていくというよりも痩せやすいカラダを作ることができるということですね。

 

今回の記事では

  • ダイエットにおいて大事なこと
  • 「筋肉」のしくみを知り痩せやすいカラダを手に入れる
  • なぜヨガが効果的なのか?
  • ポーズだけがヨガじゃない
  • 呼吸法とダイエットの関係

について書いています。

 

ヨガインストラクターとして活動しているオクラ遥がカラダのしくみからダイエットについてまで詳しくお伝えします。

 

今回は解説の要素が強めの記事になっており、難しいことを言っている部分もあるのでさらーっと読んでみてください!

 

スポンサーリンク

ダイエットにおいて大切なこと

ダイエット 痩せる

ダイエットをしようと考えるとき、みなさん脂肪を落とすということを真っ先に思いますよね。確かに脂肪を落とすと体重が落ちてダイエット成功!!となりますが気をつけたいのがリバウンドです。

食事制限などで一気に体重を減らしたりするとリバウンドを起こしやすくなると言われています。

 

さらに食事制限で一気に体重を減らしてしまうとカラダが飢餓状態といわれる飢えた状態になり、少しでもカラダに蓄えようとして食べたものを普段よりも多く吸収してしまいます。

 

するとどうなるか・・

体重は落ちたけれど太りやすい体質になる、というわけです。

ダイエットで目指したいのは痩せやすいカラダを作ることです!

 

そこで大切になってくるのが『筋肉』です。意外に思われる人もいると思いますが筋肉とダイエットの関係は実は深いのです!

 

そのまえにまずは筋肉の仕組みを知りましょう。

 

筋肉のしくみを知り痩せやすいカラダを手に入れる

そもそも人間の筋肉には「骨格筋」「心筋」「平滑筋」の3種類があります。

「骨格筋」は主に骨にくっついて手や足など私たちのカラダを動かしています。

 

「心筋」はその名の通り心臓の壁を作っている筋肉です。

そして最後の「平滑筋」は消化器、子宮、膀胱、血管などの壁にあり自律神経の支配を多く受けます。

 

この3つの筋肉のなかで私たちが鍛えることが出来るのは、思い通りに動かせるという意味の随意筋である骨格筋だけなのです。

 

では骨格筋をもっと詳しくみていきましょう。

 

骨格筋は更に赤筋と白筋に分かれています。名前の通り色が赤色と白色なのです。

色の違いは酸素を供給するミオグロビンという細胞の差で、赤筋の方がこのミオグロビンが多く含まれています。

 

赤筋と白筋の違いは色だけではなく代謝にもあり、「赤筋」は酸素を多く含みゆっくりとした持続的な動きに向いており長時間筋肉を動かすことができます。

一方「白筋」はすばやい動きに向いていますが疲れやすいのが特徴です。

 

 

太る原因である脂肪は酸素がないと燃焼しないため、この酸素を多く含む赤筋を使うことでしっかり脂肪を燃やすことにつながり、ダイエット効果が期待されます。

 

ここで言いたいことは、

  • ダイエットで使っていきたい筋肉は酸素を多く含む赤筋である
  • 脂肪の燃焼には酸素を多く取り入れながら動いていこう!!

ということです。

 

なぜヨガがダイエットに効果的なのか?

最近インナーマッスルというワードをよく耳にしますが、インナーマッスルとはカラダの内側にある筋肉のことです。

インナーマッスルは前に話した『赤筋』を使うので長く持続的に動かすことが出来ます。

 

一方で腹筋や上腕二頭筋などの私たちが自分のカラダで触ることできる筋肉をアウターマッスルと呼びます。

アウターマッスルは大きな力を発揮できますが一瞬でパワーが尽きてしまいます。

 

インナーマッスルは長く動かせて酸素を多く使い、脂肪をより燃焼させてくれるダイエットの味方なのです。

 

なぜこの説明をしたかというとヨガではインナーマッスルを使って脂肪を燃焼させ、内側から温めていくため痩せやすいカラダ作りが期待できるからです。

 

ここでのまとめは

ダイエットで使いたい筋肉はインナーマッスル!!

です。

 

ポーズだけがヨガじゃない?

ヨガは木のポーズや鳩のポーズなどの動きと呼吸法を合わせたもののことを指します。

一般的にはポーズをとることをヨガだと思っている人もいるかも知れませんが、実は呼吸法もヨガではとても重要なのです。

嬉しいことに、呼吸法を意識しておこなうことでよりダイエット効果が期待されます。

 

呼吸法とダイエットの関係

ヨガ 呼吸

ではなぜ呼吸法がダイエットに役立つのでしょうか。

ヨガの呼吸法は基本的に鼻呼吸です。

 

  • 鼻から空気を取り入れると鼻毛などの働きで空気が温められカラダが冷えない
  • 酸素をより多く取り入れることが出来るため脂肪燃焼率が上がる

ことで痩せやすいカラダづくりにつながります。

 

呼吸法で大切な部分が『横隔膜』です。

横隔膜は息を吸った時に下にさがり、息を吐くと上に持ち上がります。

この上下運動をおこなうと胃や腸などの内臓も一緒に動かすことが出来ます。

 

しっかりと内臓のマッサージが出来ればカラダの内側に脂肪がつくのを防いでくれ、痩せやすいカラダづくりにつながります。

 

まとめ

ヨガダイエットまとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では

  • ヨガでダイエットの効果が期待される可能性大!
  • ダイエットで使っていきたい筋肉は酸素を多く含む赤筋である
  • 脂肪の燃焼には酸素を多く取り入れながら動いていこう!!
  • ダイエットで使いたい筋肉はインナーマッスル!!
  • 鼻から空気を取り入れると鼻毛などの働きで空気が温められカラダが冷えない
  • 酸素をより多く取り入れることが出来るため脂肪燃焼率が上がる

 

ということについて詳しく書きました。

 

カラダの痩せる仕組みを理解すればダイエットへの取り組み方ももっとポジティブになるのではないでしょうか。

 

ヨガをうまく取り入れて、長期的に無理な食事制限などではなく、食事と運動のバランスを取りながら健康的にダイエットをおこなっていきましょう!

少しでも参考になれば幸いです。

 

関連記事も書いています。

 

コメント