里帰り出産でいつから帰る?準備するモノ・コトを体験をもとに紹介

里帰り出産妊娠
里帰り出産って実際にはどうなんだろう?具体的にはいつ帰るのか、何を準備すればいいのか知りたいな

と気になる妊婦さんも多いかもしれません。

 

実家に戻ってお産をする里帰り出産を選択する妊婦さんも多くいると思います。

私も里帰り出産をしたそのひとりです。

 

漠然と実家で産前産後を過ごそうと考えていても実際にいつから実家に戻るのか、里帰り出産だからと特別準備することがあるのか?

など気になりますよね。

 

自分が生活している場所とは違う場所での出産は少なからず不安に思うものです。

私も住み慣れた実家であっても産前産後を過ごすということには不安がありました。

 

具体的にどのように里帰り出産をおこなったのかを知ることで、安心して出産に臨むことにつながるのではないかと思います。

 

今回は実際に里帰り出産をおこなった私自身の体験をもとに里帰り出産のあれこれをご紹介していきます。

 

  • 里帰り出産を考えている妊婦さん、その家族
  • 実際に里帰り出産がどんなものなのか気になる人

などにむけて書いています。

 

 

妊娠が分かってから準備したモノ・コトについて書いた記事もありますのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

里帰り出産とは

里帰り出産

里帰り出産とは赤ちゃんを生む前と産んだ後の一時期を実家で過ごすことをいいます。

実家で過ごすことで産前産後の大変な時期の育児はもちろんのこと、自分の生活面でもサポートしてもらえます。

 

また、住み慣れた場所で生活することで出産が近づき不安な時に安心して過ごすことができ、精神面でもとても大きな助けになります。

 

里帰り出産の帰るのはいつ?

里帰りする時期は明確に決められているわけではありませんが

一般的には妊娠9か月(妊娠35週)くらいまでに実家に戻ります。

 

もちろんそれより前に帰ってもいいです。

早めに実家に戻れる人はゆっくり実家で過ごして出産に備えるのもいいかもしれません。

 

帰る時期は里帰り出産する病院から指示がある場合もあるため、その場合は病院の指示に従いましょう。

 

ちなみに私は出産予定の病院から遅くても妊娠34週までには里帰りしておくようにと言われていたので妊娠34週になる週に実家に帰りました。

 

里帰り出産で準備するモノ・コト

妊娠準備 モノ

ここでは実際に里帰り出産で準備したモノやコトについて書いていきます。

基本的には通常の出産と変わりませんが、早めにいくつか準備しておいたほうが良いことがありましたのでお伝えできればと思います。

 

里帰り出産する病院を決める

里帰りすると事前に決めていても里帰り出産の病院の予約が遅くなると病院によっては空きがなく予約が出来ないことがあります。

なので早めに分娩予約を取ることをおすすめします。

 

また、病院によっては出産の方法が選べたり、色々な設備があったりと本当に様々です。

自分のバースプランに合った病院を早めに調べてじっくり決めていくことが安心した出産につながると思います。

 

私は妊娠していることが分かり、母子手帳を受け取ったらすぐに出産する病院を旦那さんと話し合って決めました。

妊娠中期に入ってすぐの頃には出産希望の病院に電話して分娩予約をしました。

 

 

妊娠中期の過ごし方などについても書いていますので気になる人はチェックしてみてください。

 

 

手続きに必要なものを調べる

里帰り出産の場合には妊婦健診で少し違うことがあります。

自分が住民票を置いている市区町村以外の病院で出産すると自分が住んでいる市区町村が実施している妊婦健診の助成の対象から外れてしまうことが多いです。

 

しかし、里帰り出産の場合に健診費用の一部助成を実施している市区町村もあるのでホームページで調べたり、役所の窓口に問い合わせてみましょう。

 

利用する場合、必要な申請書や里帰り出産する病院でもらう書類などが必要な場合がほとんどなので事前に調べて出産後スムーズに受け取れるようにしましょう。

 

私の住んでいたところでは助成制度があったので利用しました。

 

妊娠中の動けるうちに申請書を取り寄せ、病院から書いてもらう項目などをまとめて、赤ちゃんが生まれてからいつでも申請出来るように揃えておきました。

申請の時に書類が不足しているとまた里帰り先の病院まで足を運ばないといけないので大変なので・・。

 

準備するもの

里帰り出産で必要なものを私の体験からお話しします。

基本的に普段の生活と出産のときに必要なモノとを持って行けばいい。

 

入院に必要な細々したものやオムツなど赤ちゃんが退院して必要なモノは荷物になるので里帰り先で揃えてもいいかもしれません。

 

私は母乳パッドやオムツ、ベビーバスなど持っていくのにかさばるものは里帰り先で揃えました。

 

住み慣れた実家といっても普段の生活の場所と違うとそれだけでストレスになってしまいます。

産前産後の2ヶ月程度を実家で過ごすので自分がリラックス出来るアイテムがあると助かります。

 

また、実家の室内に犬を飼っているのでベビーベッドがすぐに必要になるのが分かっていたため少し前から準備して自宅から持っていきました。

 

 

ベビーベッドを実際に使ってみて分かったメリット・デメリットを書いているので一緒にご覧ください。

 

 

まとめ

里帰り出産 いつから

いかがでしたでしょうか。

 

里帰り出産の帰るのはいつ?

一般的には妊娠9か月(妊娠35週)くらいまでに実家に戻ります。

 

里帰り出産で準備するモノ・コト

  • 里帰り出産する病院を決める
  • 手続きに必要なものを調べる
  • 出産に必要なものを揃える

 

里帰り出産にむけて準備するもの

  • 基本的には普段の生活で必要なモノを持って行けばいい
  • 私の場合母乳パッドやオムツ、ベビーバスなど持っていくのにかさばるものは里帰り先で揃えた。
  • 自分がリラックス出来るアイテム

 

私が実際に里帰り出産をしてみて、実家で産前産後をゆっくり過ごすためには少し工夫が必要だと思いました。

 

先ほども書きましたが、普段自分が生活する場所とは違う場所で出産を迎えます。

意外とストレスになることもあるし、不安も出てきます。

 

なにより自分がリラックスして過ごせるような準備をしておくことが大切なのではないかと思います。

 

安心して出産に臨めるように体調をみながら少しずつ進めていってください。

これから里帰り出産を考えている方に少しでも参考になれば幸いです。

 

関連する記事もあるので合わせてチェックしてみてください。

 

 

コメント