【赤ちゃんの車の中の暑さ対策7選】移動中に快適に過ごすアイディア

赤ちゃんの車の中の暑さ対策育児の悩み
赤ちゃんと車で移動中に汗をかいて暑そうにしているな。車の移動中はチャイルドシートから降ろせないし、暑いと機嫌も悪くなる。赤ちゃんも快適に過ごせるような車の中でできる暑さ対策はないのかな。

と思うママ・パパも多いのではないでしょうか。

 

夏場は冷房がきくまでの車の中は結構暑いですし、後部座席はさらに暑かったりします。

赤ちゃんを見ると汗をかいていることも。

 

赤ちゃんが暑そうにしていると気になりますよね。

車にのっている時間が長いとなおさらです。

 

私には1歳の子どもがいますが、車で移動することが多く実家に帰ったりと移動時間が長くなることも度々。

なので、いろんな車の中での暑さ対策をしてきました。

 

そこで実際に私がしてきた車の中での暑さ対策について紹介していきます。

 

  • 赤ちゃんの車の中での暑さ対策を知りたい人
  • 車で赤ちゃんと快適に移動したい人

に向けて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの車の中での暑さ対策7選

赤ちゃんの車の中での暑さ対策

車の中で赤ちゃんと快適に過ごすための暑さ対策を7つ紹介していきます。

 

チャイルドシートに保冷シートを使う

チャイルドシートに保冷シートを使うと赤ちゃんも車の中で快適に過ごすことができます。

チャイルドシート用のシートがありますが、私は抱っこ紐、ベビーカーに使っていた保冷シートを使っていました。

 

私が使っていたのは柔らかい保冷剤のタイプですが、車を降りて抱っこ紐で移動する時も取り外して使えるので便利でした。

でも、使う時はたまに冷えすぎる時があるので冷えすぎてないか見てあげましょうね。

 

保冷シートについては下記の記事を参考にしてみて下さい。

 

うちわであおいであげる

赤ちゃんが暑そうにしている時はうちわであおいであげると赤ちゃんも涼しいです。

車の中に常にいれておくとすぐに使えるので便利です。

 

また、うちわを使うと赤ちゃんも興味を持って「ちょうだい」としてくることもあるのでうちわで遊んでくれます。

赤ちゃんがグズった時にも意外と使えるアイテムもあります。

 

でも、うちわを使っての暑さ対策はずっとあおいでおかないといけないので長時間での移動の時は難しい方法でもあります。

 

携帯用扇風機を使う

うちわでずっとあおいでおくのは大変ですが、携帯用扇風機を使うとラクに赤ちゃんの暑さ対策ができます。

車の中だけではなくお祭りや花火大会など車から降りた後でも使えますし、かばんにも入るので持ち運びにも便利です。

 

赤ちゃんの手が入らないようになっていて安全に使えるモノもあります。

あると便利な携帯用扇風機ですが、バッテリーが切れていて使えなかった時はショックをうけるのでお出かけの時は充電だけは気をつけましょう。

 

他にもどんな時に携帯用扇風機が使えるのか【赤ちゃんに使えるおすすめの携帯用扇風機】どんなところで使える?で詳しく紹介していますので、参考にしてみて下さい。

 

 

車の冷房を強くしたり窓をあける

これはアイテムがなくてもできる暑さ対策で、赤ちゃんが暑そうにしていたら冷房を強くしたり、窓をあけてあげましょう。

冷房は赤ちゃんに直接あたらないように気をつけましょうね。

 

赤ちゃんの服を薄着にする

赤ちゃんは汗っかきなので、車にのる時の洋服は薄着にしましょう。

冷房で寒くなるかもと思う場合は上からおくるみなどかけるようにして調節しましょう。

 

私はガーゼ素材のおくるみを上からかけていました。

 

日差しを遮るアイテムを使う

赤ちゃんを車にのせていて暑そうと感じるのが赤ちゃんに日差しがあっている時。

なので、日差しを遮るアイテムを車につけて赤ちゃんに日があたらないようにしましょう。

 

日差しを遮るアイテムは100均にも売っており、私は100均のアイテムを使っていますが十分使えます。

 

途中で休憩してチャイルドシートから降ろしてあげる

長時間チャイルドシートにのっていると汗をかいて背中が結構しめっていることがあります。

なので、休憩をしてチャイルドシートから降ろしてあげて赤ちゃんの背中を涼しくしてあげましょう。

 

また、ずっとチャイルドシートにのっていると赤ちゃんの機嫌も悪くなってくるので長時間の移動の時はちょこちょこ休憩をとるのがおすすめです。

 

意外と忘れがちな赤ちゃんとの車移動での対策

赤ちゃんの日焼け

意外と忘れがちな対策として赤ちゃんの日焼け止めをぬること。

赤ちゃんとの車での移動中は知らない間に赤ちゃんに日があたっていることがあり日焼けしていることも。

 

私がそうでした。

車の中だから特に気にせずにそのまま車にのせていましたが、ふと赤ちゃんの足を見てみると結構日焼けをしていました。

 

なので、車での移動でも赤ちゃんに日焼け止めはぬってあげましょう。

 

まとめ

太陽

赤ちゃんの車の中での暑さ対策として

  1. チャイルドシートに保冷シートを使う
  2. うちわであおいであげる
  3. 携帯用扇風機を使う
  4. 車の冷房を強くしたり窓をあける
  5. 赤ちゃんの服を薄着にする
  6. 日差しを遮るアイテムを使う
  7. 途中で休憩してチャイルドシートから降ろしてあげる

 

意外と忘れがちな赤ちゃんとの車移動での対策として

赤ちゃんの日焼け止めをぬること

 

夏場のしめきった車の中はすぐ温度が上がってしまって赤ちゃんとの一緒にのっている時は不安になることがあると思います。

しっかりと暑さ対策をして車の中も赤ちゃんと快適に過ごしましょうね。

 

関連記事も書いています。

 

 

コメント