【赤ちゃんが泣き止まずイライラした時】ママのリラックス方法

子育て イライラ 解消法育児の悩み
赤ちゃんが泣き止まなくてイライラする・・・。しょうがないって分かっているのにイライラしてしまう。どうしたらいいのかな・・・。

と疲れてしまっているママもいるのではないでしょうか。

 

子育てのなかで多くのママが赤ちゃんが泣き止まないときにイライラしてしまった経験があると思います。

 

時に赤ちゃんはオムツも変えたしミルクも飲ませたのになぜか泣き止まないときがありますよね。

そうなってくるとママは追い詰められてしまいます。

 

赤ちゃんは泣くのが仕事だと分かっていても自分が育児に疲れていたりすると泣き止まないとイライラしてしまいます。

 

私自身、絶賛子育て中で子どもが泣いているとその鳴き声に追い詰められてしまうことがあります。

終わらせたい家事が残っていたり、自分のやりたいことがあるのに赤ちゃんがなかなか泣き止まずあやしながら時間だけが過ぎていく・・・。

 

そんな日が何日あったか数え切れません。

 

泣き止まない赤ちゃんと一緒に泣いた日々もいっぱいあります。

 

イライラしてしまうことは仕方ありません。

ではどうすればいいのでしょうか?

 

自分が元気で気持ちと体力に余裕があれば赤ちゃんが泣き止まなくても追い詰められることは少なくなると気が付きました。

 

ママがリラックスできる方法をみつける

ことが大切なのではないでしょうか。

 

今回は子どもが泣き止まずイライラしたときに少しでもリラックスできるように実際に自分がおこなったことを紹介します。

 

今回の記事では

  • 赤ちゃんが泣き止まなくてイライラしてしまうママ
  • 育児疲れがあるママ
  • 育児をしながらできるリラックス方法が知りたいママ

などにむけて書いています。

 

赤ちゃんが泣き止まずイライラする以外の子育ての悩みに対する解決方法を書いた記事もありますので、気になる人はチェックしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんが泣き止まずイライラしてしまう

ママ 子育て イライラ 

赤ちゃんが泣き止まずイライラしてしまうママも多いと思います。

イライラしてしまうと赤ちゃんにイライラしてしまった自分を責めてしまい、気持ちが落ち込んでしまうことにもつながってしまいます。

 

イライラしてストレスをためこんでしまうと、疲れもたまりますしなにより育児を楽しむことができなくなってしまいますよね。

 

そうならないためには、パパや周りの人に理解して、支援してもらうことでイライラした気持ちを少しでも軽くしていくことが大切です。

とはいえ、イライラしてしまうのはしょうがいないことでもありますよね。

 

なるべくイライラしないようにママがリラックスできる方法を見つけておくということが必要なのではないでしょうか。

次にママのリラックス方法について紹介していきます。

 

イライラした時のママのリラックス方法

赤ちゃんとママ

赤ちゃんが泣き止まずにイライラした時にママの気持ちや体力に少しでも余裕があれば笑顔で我が子に接することができますよね。

実際にやってみてイライラの解消につながった方法をご紹介していきます。

 

子どもを預けてひとりの時間を作る

出産する前は、ひとりで映画に行ったりカフェでコーヒーを飲みながら読書をしたりとひとりで過ごす時間が多くありました。

 

それから子どもが出来て子育てと育児に忙しい日々が始まり、なかなかひとりの時間が取れなくなりました。

 

まさか、ゆっくりと風呂に入る時間やトイレに行く時間も取れなくなるとは思ってもみませんでした。

 

今まであった自分ひとりの時間が皆無になったことでストレスを発散できず、イライラを溜めてしまう原因になっていきました。

今思うと、ひとりの時間を持つことで気持ちの面でリセットしていたのだと思います。

 

目の回るほど忙しい毎日が過ぎていき、だんだんと心とカラダが疲れて赤ちゃんが泣き止まないときにイライラしてしまうように・・・。

 

そこで物理的に自分がひとりになれる時間を作ることが気持ちと体力を回復させる方法だ!とやっと思いつきます。

 

実際におこなった自分ひとりの時間のつくりかた

  • 旦那さんに子どもを預けて自分の時間をつくる
  • 自治体がおこなっている託児サービスを活用する
  • ベビーサークルを使い安全に赤ちゃんが遊ばせながら家事やトイレをおこなう
  • 祖父母の家に遊びに行った時に子どもを預けて夫婦の時間をつくる

 

旦那さんに2時間ほど子どもを預かってもらいカフェに本を読みに行ったり、買い物をしたりと自分ひとりで過ごす時間を作りました。

 

また、自宅近くにある保健センターの託児サービスを利用して数時間自分ひとりの時間を確保しました。

 

この託児サービスは子どもの知識をしっかりと持った保育士さんが預かってくれるので安心してひとりの時間を過ごすことが出来ました。

 

おうちのなかで家事やトイレなどの用事を赤ちゃんをベビーサークルに入れて遊ばせている間に済ませました。

ベビーサークルのなかにいれば赤ちゃんが遊んでいる間、短時間ですが安全を確保しながら目を離せるのでやりたいことができます。

 

自分の実家は遠いのでなかなか帰れませんが、たまに帰ったときには祖父母に子どもを預けて夫婦で買い物やドライブに行ったりします。

祖父母も孫と過ごせるので喜んで預かってくれます。

 

このようにひとりで過ごす時間を作ることで日々の育児や家事で忙しく余裕がなくなってしまいがちな気持ちを一旦リセットすることができました。

 

いつから、どんな時に赤ちゃんを預けられるのかなど詳しく紹介している記事もありますのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

散歩しながら旦那さんに話を聞いてもらう

私は妊娠する前から毎日のように旦那さんとウォーキングをしていました。

しかし、子どもが生まれて毎日の育児や家事で疲れて果てて以前のように歩こうという気持ちになれませんでした。

 

ある日、旦那さんに誘われて重い腰をあげて歩きに出かけてみました。

以前のように歩幅を大きく早足で歩くウォーキングは無理だ・・・。と思い、ゆっくり話しながら歩く散歩にしてみました。

すると、気持ちもカラダもスッキリ!

 

歩くと体力を使って余計に疲れてしまうのではないかと心配していましたが歩いた後は不思議とカラダがラクになっており驚きました。

 

また、毎日の育児でつらいことなどを話す機会にもなり、気持ちもなんだか晴れやかでした。

 

散歩をすることで夫婦の会話が増えて夫婦仲も以前から良かったのですが更に良くなり嬉しいことがいっぱいです。

 

【育児中のストレス解消法】ウォーキングを長く続けるためのコツについて書いた記事があるのでぜひ合わせてご覧下さい。

 

 

友達と会っておしゃべり

子どもが生まれると以前のようになかなか友だちに会うことができなくなりますよね。

お家で赤ちゃんとずっと2人きりでいると外の世界から孤立してしまったような気がしてなんだか寂しくなります。

 

赤ちゃんが泣き止まずイライラしている時など自分に余裕がなく疲れているのでなおさら孤独感を感じると思います。

 

以前のように外で友達と会うことはあまりできませんが、自宅に友人を招いて会うことはできます。

私も子どもが小さい時はよく自宅に来てもらいお昼ごはんを食べたりお茶したりしました。

 

赤ちゃんが泣いても気にしなくていいし、授乳やオムツ替えなど気をつかうことなく友達とおしゃべりができるのでおすすめです。

 

大げさかもしれませんが、外の世界と繋がれたような気がしました。

 

友達と楽しく過ごすことは前に書いたようにイライラしてきつい気持ちを一旦リセットしてくれるいい機会なのだと思います。

 

子育てサロンなど子連れで参加できるイベントに参加

私の住む自治体が運営する子育て支援センターでは定期的に赤ちゃんと一緒に参加できるイベントが開催されています。

 

また、離乳食についての講座など講座によってはその間赤ちゃんを預かってくれるのでつかの間のひとりの時間が確保できるのも嬉しかったです。

 

なによりも同じ悩みを持つママと話せる機会なので、自分だけがイライラしてツライんじゃないんだ!

と気持ちがラクになります。

 

赤ちゃんは可愛いけれどなかなか泣き止まない時にイライラしてしまう、という微妙な気持ちの変化を同じママならきっと分かってくれます。

 

自分と子どもだけの空間から少し外に出ることで、次の日から少しだけ肩の力を抜いて子育てに向かうことができました。

 

子育てで忙しくても上手く息抜きをしよう

子育て イライラ

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では

自分が元気で気持ちと体力に余裕があれば赤ちゃんが泣き止まなくても追い詰められることは少ないので

ママがリラックスできる方法をみつけることが大切!

 

赤ちゃんが泣き止まなくてもイライラしないように気持ちや体力に余裕を作るため

  • 子どもを預けて1人の時間を作る
  • 散歩しながら旦那さんに話を聞いてもらう
  • 友達と会っておしゃべり
  • 子育てサロンなど子連れで参加できるイベントに参加

を実際におこなってきました。

 

赤ちゃんは泣くことが仕事だと分かっていてもなかなか泣き止まないと追い詰められていくし、疲れてイライラしてしまいますよね。

 

そんな自分を責めるのではなく、今の自分でいいんだ。

 

と受け止めていくことは必要ではないかと思います。

今でも子どもが泣き止まずイライラしてしまい、そう思えない時もあります。

 

そんな時は自分の好きなことでリラックスして気持ちと体力に余裕を作り、また笑顔で我が子と接することができればいいのです!

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

関連する記事もありますのでぜひ合わせてご覧下さい。

 

コメント