【子育て疲れの解消法】赤ちゃんと二人きりが長いママ必見【体験談】

赤ちゃんとママ育児の悩み

絶賛子育て中のオクラ遥です。

子育てをしていてなんだか最近カラダも心も疲れてきたな・・・。

 

と悩むママも多いのではないでしょうか。

 

子どもが生まれて、赤ちゃんが少しずつ動くようになって、毎日が新しい発見の連続です。

 

赤ちゃんとの時間はとても貴重で素晴らしいもの!!

ということはもちろん分かっているし、感謝もしています。

 

でも24時間毎日一緒にいるとどうしてもカラダもココロも疲れてくるものです。

 

そこで今回は

  • 子育て疲れの実体験
  • 実際にやってみた解決法

について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

子育て疲れの実体験

子育て疲れ

うちの子どもは日中あまり寝ることがなかったため常に目が離せず、自分のやりたいことが出来ないのはあたりまえ。

 

だけど授乳したりオムツを替えたり、お風呂に入れたりという子どものお世話に加えて日々の家事も待っています。

 

1日が終わる頃には体力の限界を迎え、やっと眠れたと思ったら朝方3時4時に起こされて1日が始まる・・・。

 

そして、旦那さんが仕事に出かけるとまたいつものように子どもと二人きりの時間がはじまります。

 

私は子どもが生まれて間もない頃、旦那さんが出かける前には得体の知れない不安があり、二人で1日過ごすのか・・と毎日朝から緊張していました。

 

なんにもしていないのに1日が終わったな~、と思う日も多々ありました。

 

子どもと二人っきりで過ごす時間が長いママは、家から出ないで1日終わっていくことも少なくないと思います。

自分が外の世界から忘れられてしまったような疎外感を覚える人も多いかもしれません。

 

 

「1日家にいてゆっくり出来ていいね」なんて言われて、何も出来ていないと

「1日家に居てなにしていたの?」とちょっと責められてしまう。

なかなか気持ちが分かってもらえず辛い思いをしているママも少なくないのでは。

 

外からは分かりづらいこの悩み。

でもこのモヤモヤを放おっておくと疲れが溜まって爆発してしまいます。

 

実際にやってみた解消法3つ紹介!

ここからは具体的な解消法について紹介していきます。

 

自治体のサービスを利用

子どもが生まれて育児のことがなにもかも初めてで心細く感じていた時に、

自分が住んでいる自治体の保健センターが主催する子育てサロンやイベントを見つけました。

 

もともと大人数で集まって楽しくおしゃべりが苦手な私。

最初は迷っていましたが思い切って申し込んで参加してみました。

 

すると子どもの年齢も近く、みんな私とおんなじ悩みを持っているではありませんか!!

 

私だけじゃなかったんだ~

 

というのがものすごくココロを軽くしてくれました。

 

イベント自体は1時間程度で終了しましたが終わってからも施設の外でママ同士、話が盛り上がり、気がつけば外で30分以上話していました。

 

保健センターには保育士さんがいて、なにかあっても安心です。

そしてみんな子連れなので途中で子どもが泣いても大丈夫!

そんな安心できる環境もありがたかったです。

 

トータル2時間弱の外出でしたが本当にリフレッシュ出来ました。

 

旦那と散歩

子どもができる前は毎日旦那さんと二人でウォーキングをしていました。

 

その後子どもが出来ると

育児で疲れているのにさらに歩くなんて無理!と歩くのをやめていました。

 

 

ある日、旦那さんに誘われてしぶしぶ重い腰を上げて出かけてみると、

 

外の景色を見ながら歩きながら話して、途中アイスを食べながら公園で休憩したり

のんびり歩くだけの散歩でもほどよくカラダを動かせてスッキリでき自分でも驚きました。

 

行ってよかった~

 

日中子どもと二人きりだと誰かと話すことがないため、

散歩をしながら旦那さんと話すことで日中モヤモヤと溜め込んだ疲れを発散することができたんですね。

 

内容はくだらないことでいいんです!

誰かと話すことがこれほどストレス解消になるんだ、と改めて感じました。

 

子どもできてからは抱っこ紐を使って毎回ウォーキングをしています。

ウォーキングを楽しく続けるにはについても記事を書いています。

 

 

自分の好きなことだけをする時間を作る

1日のうち、自分の時間などほとんどないママも多いのではないでしょうか。

そんななかで自分の時間を確保することは本当に大変ですよね。

 

私は子どもを寝かしつけたあとにご褒美として

アイスクリームを食べることを楽しみにしています。

 

長い時間は取れなくても、

自分のしたいことだけできる時間をちょっとでも取ることで

1日の疲れを癒やしてくれる効果がけっこうあるなと感じています。

 

フーッ、と一息つける時間を作ってみることはオススメです。

 

まとめ

赤ちゃん ママ 笑顔

今回の記事では

私の実体験に基づいた育児疲れ

 

実際にやってみた育児疲れの解消法として

  • 自治体のサービスを利用
  • 旦那さんとウォーキングしながら話す
  • 自分の好きなことだけをする時間を作る

について書いてきました。

 

 

私は今でも育児疲れを感じたり、疲れから追いつめられたりすることがあります。

だからあなた1人で戦っているわけではないよ!

ということを今回お伝えしたかったです。

 

 

育児で疲れていると何もかもが嫌になって、

SNSを見ればなんでも華やかにこなすママを見てまた落ち込んでしまい

これでいいのかと不安に押しつぶされそうになる・・・。

 

 

きついときはただ、きついと思っていいんです!

決してあなただけじゃないです。

 

街で見かけるママも、平気そうに見えて実は子育ての疲れや悩みで押しつぶされそうになっているかもしれません。

 

ママが楽しく笑顔でいられたらそれだけで子どもは幸せです。

 

今の私でいいや!

 

と少し力を抜いて隣にいる小さい我が子に笑いかけてあげてください。

 

関連記事も書いています。

 

 

コメント